GooglePlayでリジェクトされないコツとは?アプリ審査はどのように行われている?

Google Playアプリのリジェクトが話題になるときもありますよね

アプリをAndroid向けにGoogle Playで公開する際は、リジェクトに注意する必要があります。リジェクトに無関心でいるとアプリが公開できないだけでなく、最悪の場合アカウント削除などのペナルティを受ける可能性があります。

そのようなリスクを避けるためにも、この記事でGoogle Playの審査システムを理解して、リジェクト対策を行っておきましょう。魅力あるアプリを適切にユーザーに届けられるように、リジェクトに至る理由や制作者が注意しておきたいポイントを押さえておきましょう。

※AppleStoreのリジェクト関連の記事が気になる方はこちらから

Google Playでリジェクトされないために

1.Google Playにおいてリジェクトされる理由とは?

Google Playが独自ストアに公開するアプリをリジェクトする際には、いくつかの理由が考えられます。特に以下のような理由に関しては、多くのアプリが当てはまる可能性があるので、事前の注意が必要です。

アプリの情報が足りていない

アプリの機能を解説する説明文や、アプリ画面のスクリーンショットなどが少ない場合は、リジェクトされる可能性があります。申請時にはきちんとアプリの情報を集めて、ユーザーにとって不明な点がないように努めましょう。

アプリでバグが発生する

アプリの利用時に明らかなバグが発生すると、それだけでリジェクトの理由になってしまいます。アプリ全体を精査して、できる限りバグは排除してからリリースするようにしましょう。

アプリに独自性がない

システムやアイコンが既存のアプリに似ている場合、独自性を疑われてリジェクトされることがあります。オリジナリティを前面に打ち出して、ほかにはない魅力を伝えていくことが重要です。

そのほかにも、Googleはさまざまな理由でアプリをリジェクトすることがあります。明確な理由がわからないケースもありますが、まずは上記のような根本的な問題を排除することで、リジェクトを避けるようにしましょう。

どんなアプリがリジェクトされるのか

2.Google Playでリジェクトされないコツ

Google Playにアプリをリリースするにあたっては、リジェクトされないコツを理解しておくことも重要です。たとえ悪意がなかったとしても、リジェクトに相当する要素がある場合は、ストアへの登録が拒否されることがあります。

アプリの制作段階でリジェクトされないためのコツをつかんでおき、トラブルを防止するための対策をとりましょう。

年齢のレーティングが適切かどうか確認する

アプリをGoogle Playにリリースする際は、年齢のレーティングが対象ユーザーと合っているかを確認する必要があります。年齢のレーティングが「全年齢」になっているのに、子どもにとって不適切なコンテンツが含まれていると、それがリジェクトの理由になってしまうのです。

アプリ内のシステムや内容を今一度確認して、レーティングが適切かどうかもチェックしましょう。

あらかじめレーティングを上げておけば、基本的に対象年齢が問題になるリジェクトは避けられます。しかし、たとえばアプリのターゲットを中高生に設定している場合、レーティングを上げてしまうとターゲットにリーチできなくなってしまいます。対象ユーザーとのバランスを考えて、適切なレーティングに設定することも重要な作業と言えます。

適切な広告が表示されるようになっているかを確認する

Googleはストアに掲載するアプリ内で広告の利用を許可していますが、リリースする側はユーザーにとって適切な広告内容になっているかを確認する必要があります。アプリの利用を妨げるような広告や、レーティングにそぐわない内容に関しては、リジェクトの対象となることがあります。

たとえば、誤クリックを誘うような表示をしている場合、悪質と判断される可能性があります。全年齢を対象としたアプリにアダルト系の広告を載せれば、リジェクトになることは言うまでもありません。

クリック率やクリック単価が高いからといって、アプリの内容やレーティングから外れる広告を掲載することは、リジェクトのリスクを背負うことになります。広告はアプリの内容と近しいものを選び、適切に表示されるように配慮しましょう。

Google Playでリジェクトされないコツとは

3.Google Playでアプリをリリースする際の注意点

Google Playにアプリをリリースする際は、リジェクトによる被害の可能性について考えておく必要があります。アプリをリリースする側に悪意がなくても、Google側がリジェクトの措置を取ると判断すれば、それだけでアプリの提供は停止せざるを得なくなります。

過去の事例を参考にリジェクトのパターンを学び、Google Playにおける正しい宣伝方法を確認しておきましょう。

基本的には警告が来るが、まれに「強制措置」が取られる

Google Playでは、事後審査によってアプリのチェックが行われます。問題が発覚した場合は制作者に対して警告が行われた後、リジェクトにまで発展する可能性があります。

問題があるアプリには事前に警告が行われ、それでも改善されない場合はリジェクトが実施されます。警告されたら即対応するように努め、その後もクオリティを維持できれば、リジェクトを回避できるでしょう。

ただし、まれに警告が行われず即リジェクトが行われる「強制措置」が取られる場合もあります。強制措置が行われるとGoogle Playからアプリが即座に削除されてしまいます。

リジェクトされてしまった場合は、指摘された箇所を修正したものをリリースし直すか、Googleに対してメッセージを送って要望を伝えるほかありません。誤解によるリジェクトの場合は、こちらからアクションを起こすことで、アプリの再リリースが認められる可能性もあります。

納得のいく説明をしてもらえることもあるため、リジェクトされたらGoogleの担当者に詳細を確認するべきです。

違反を繰り返すと「アカウント」が削除される

違反行為が複数回確認された場合、Googleにアカウントを削除されることがあります。「アカBAN」とも呼ばれるアカウント削除が行われると、アプリと同時にアカウントも消滅してしまうため、その後Google Playにアプリをリリースできなくなってしまいます。Googleは検索エンジンと同様に、Google Play内でもシステムによるチェックを行っています。

禁止ワードや不正なワードを機械的に排除するため、別の意味合いで使用していてもリジェクトにつながる可能性があるのです。

Googleのシステムが複数の違反を確認すると、即刻アカウントが停止になることもあります。

リジェクトが繰り返されるとアカウント停止になる

4.まとめ

Google Playでアプリをリリースするなら、リジェクトを回避するための準備が欠かせません。努力の結晶であるアプリを世界に発信していくためにも、適切な対応を取ることを意識しましょう。リジェクトの理由はさまざまですが、それらを事前に把握できていれば、いざ自社アプリが対象となった場合も対処がしやすくなります。

この機会にリジェクトの基本的なポイントをチェックして、アプリを守るための基礎を固めておきましょう。

株式会社Raboでは、ASOの無料診断を実施しています。詳しくはこちら。