動画広告ネットワークへアプリを出稿するべき理由。特徴と仕組みについて徹底比較。

知っておきたい動画市場!

アプリの収益化を効率良く行うためには、インターネットを主にした各種広告への出稿が欠かせなくなっています。 しかし、多くの広告スタイルを選ぶことができる昨今、事前にある程度の方向性や内容を把握しておかなければ、充実した広告効果を得ることは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、動画広告ネットワークへの出稿です。今後の主流となり得る動画広告の利用を早めに進めておけば、アプリの収益化をスムーズに進めることもできるでしょう。

この機会に動画広告の特徴や仕組みを把握して、実際にアプリの出稿計画を立ててみることをおすすめします。

動画広告ネットワークとは

1.動画広告ネットワークの特徴と仕組み

動画広告ネットワークにアプリを出稿する前に、まずはその特徴や仕組みをチェックしましょう。静止画が主流だったインターネット広告から、どうして今動画広告に注目が集まっているのか。 その流れと現状を把握することで、よりアプリにおける広告の重要性がわかってくるでしょう。

動画広告ネットワークとは?

YouTubeなどの動画閲覧サイト以外でも動画広告を利用・配信する方法を、動画広告ネットワークと呼ぶことがあります。 あらゆるサイトを利用しているユーザーに、動画での広告を届けることができるため、よりアプリの宣伝が有効に行えるでしょう。

スマホやタブレットで動画を見るという行為は、既に一般的なものとして浸透しています。 そのため広告に動画を用いることは、今後の自然な流れになると判断できるでしょう。

動画広告と動画広告ネットワークの違い

動画広告とは、一般的に動画の最中に流される枠を利用した広告と定義されることが多いです。 例えばYouTubeの動画を再生中に流れるCM動画が、一般的な動画広告になります。 この場合、「動画を見たい」と思って特定のサイトに訪れているユーザーにしか、広告を表示できないのがネックです。

一方で、動画閲覧用のサイト以外でも動画広告を流すことを可能とするのが、動画広告ネットワークです。 通常の広告枠に動画を流すことで、よりユーザーの目を引けるなどのメリットがあります。

アプリの内容が動画サイトを視聴するユーザー以外に向けられたものであるなら、動画広告を流す場所は広めることが求められるでしょう。その際には、動画広告ネットワークならではの違いを利用して、アプリの宣伝を行うことが推奨されます。

動画閲覧用のサイト以外でも動画広告を流すことを可能になる動画広告ネットワーク

2.動画広告ネットワークを利用すべき理由とは?

動画広告ネットワークは、アプリを開発している多くの企業に利用をおすすめしたい広告スタイルです。 特にこれからの時代は、動画広告がユーザー環境と噛み合い、さらなる発展をもたらす可能性もあります。

この機会に、動画広告がおすすめされる理由を以下から確認しておきましょう。

動画広告市場の急成長

動画広告市場は今、急成長していてその価値と将来性が多くの企業に再確認されています。

サイバーエージェントが行った調査では、2018年の規模が1843億円だったのに対して、2019年に2,592億円となり、2020年には3,289億円の予想が立てられています。ここ数年で一気にシェアを伸ばしている動画広告は今後さらに勢いを増して、私たちの生活に根付いていくことが予想されます。

静止画で表示されるこれまでの広告は、なかなかユーザーの意識に浸透せず、覚えてもらうまでに長い時間がかかることもありました。 しかし、動画広告ならインパクトのある映像や音声を使って、よりユーザーの五感に近づいてのアピールが行えます。

静止画広告にはなかった魅力が考えられることから、そのメリットが今後表面化するにつれて、動画広告はさらに普及するでしょう。 つまりは現段階でも、動画広告市場は発展中であるといえるのです。 将来的には予想もできないくらいの規模を誇る可能性があるので、今からでもアプリの出稿準備をすることがおすすめです。

テレビからスマホへの情報環境の変化

ユーザーの環境がテレビからスマホへ変わっている点も、動画広告の利用が推奨される理由になります。 テレビとは違い、スマホなら広告を見てすぐにその商品やサービスにアクセスできるので、宣伝効果をスムーズに引き出すことが可能です。

これまで以上にスピーディにユーザー獲得まで進められる点が、動画広告がおすすめされる大きな理由になるでしょう。

また、テレビでは広告を流す時間が固定されていましたが、スマホではユーザーの行動によって動画広告が表示される頻度や長さが変わるので、より情報を伝えやすくなります。動画広告そのものの魅力が、スマホという媒体によってさらに引き出されていると考えられるため、現代のテレビからシフトした環境には今後も期待できるでしょう。

また、通信システムの発展も着々と進行していることから、スマホでもさらに高いクオリティの動画広告が配信できるようになります。 移動通信システムが4Gから5Gに変わる2020年は、高速通信によって重たい動画もスマホで簡単に閲覧可能になると言われています。

それは動画広告の進化と普及につながるので、これからの時代は広告に使われる動画の常識が変わっていくかもしれません。

5G時代の突入で動画広告市場はさらに拡大

3.動画広告ネットワークを徹底比較

動画広告ネットワークにアプリを出稿する際には、各種サービスの概要を確認して、魅力的なものを選択する必要があります。

以下では今特におすすめの「FIVE」「maio」「Vungle」の3つを基軸に、それぞれの良さを比較していきます。動画広告ネットワークに興味がある場合は、これらのサービスから気になるものを見つけてみましょう。

FIVE

国内で最大級のモバイル動画プラットフォームである「FIVE」は、動画広告の導入を的確にサポートしてくれるサービスです。 読み込み時間ゼロを保証する動画テクノロジーによって、ユーザーにストレスを与えずに動画広告を提供できます。

指先に即したユーザーのためのインターフェースや、利用者に奉仕するクリエイティブを目指す姿勢などが、FIVEを利用する際に魅力となるでしょう。 4,600を超えるメディアパートナーシップの実績を持つことからも、安心して広告配信を任せられる存在になります。

maio

フルスクリーンの動画再生による圧倒的な臨場感が魅力の「maio」も、おすすめできる動画広告ネットワークサービスです。 動画広告フォーマットは複数用意されていて、以下のようなものを利用できます。

・完全視聴することでインセンティブが発生する「動画リワード」
・ユーザーが任意で動画広告のスキップを行える「動画インターステイシャル」
・ユーザーにサービスの内容を数十秒間疑似体験させる「インタラクティブ動画」

各動画広告スタイルを上手に利用できれば、アプリの収益効果をさらにアップさせることができるでしょう。

その他にもmaioはユーザーが離脱しやすいポイントを分析して、インセンティブ+動画広告を導入し、アクティブ率向上をサポートしてくれます。 広告主数が国内最大級であるため、しっかりと利益につながる高フィルレートを実現している点も魅力。

maioに動画広告を任せることでも、さまざまなメリットを実感することができるでしょう。

Vungle

アメリカのサンフランシスコに拠点を置く「Vungle」は、日本国内でも利用できる動画広告プラットフォームを提供しています。 グローバルに富んだ広告主と、革新的な要素をふんだんに盛り込んだコンテンツの表示が、アプリの収益化を推し進めてくれるでしょう。

世界で2億人以上のユーザーがいるVungleでは、たくさんの成功事例が紹介されています。 日本国内から世界規模の発展を意識するのなら、Vungleから動画広告の導入を検討してみましょう。

「FIVE」「maio」「Vungle」動画広告ネットワーク3つを比較

4.まとめ

動画広告ネットワークの存在は、アプリの収益化に大きな影響を与えます。

これからの時代を考慮するのなら、ぜひ一度動画広告を試して、その可能性に触れてみてください。 特徴やメリットは違っても、基本的な導入方法などはこれまでの広告とそれほど変わりません。 これまで静止画の広告をメインにしてきた場合でも、動画広告への変更は簡単に進められるでしょう。