アプリ広告収入の方法を教えます。初心者でもアプリマネタイズはできる!

誰でも広告収益を得る事ができる?

スマートフォンやタブレットの普及が進み、多くのアプリが世の中にでています。世界のアプリ市場は7兆円ともいわれるマーケットで、日本では総務省によれば138億円規模になるそうです。そのような大規模市場でぜひアプリから収益化することを目指してみましょう!競争の厳しい世界に思えるかもしれませんが、実践するメリットはたくさんあります。アプリ広告の種類と方法を知れば、誰でも簡単にアプリから広告収益を得ることができますよ。

1.どうやってアプリで収入を得るの?

広告収入を得るには、開発したアプリに広告を付ける必要がありますね。そのためには、広告会社と契約をしなければなりません。広告貼り付けまでのフローは以下になります。

①アプリの開発
②アプリをApp StoreかAndroidにアップロード
③「アドネットワーク」と契約
④広告を選んで貼り付ける(→ユーザーが見ることで収入に繋がる)

4ステップの簡単な操作なので、すぐチャレンジすることができます。ただ、App Storeの場合、審査がありクオリティによっては通らならいこともあります。ビギナーや自信のない方は審査が不要なAndroidから登録してみましょう。

アドネットワークとは?

アドネットワークとは、様々な広告を集めてくれる媒体(会社)のことを指します。アプリに広告を入れる場合、必須です。現在、日本でスマフォ向けの広告会社は8社ほど。解析に特化していたり、アプリを無料で宣伝してくれたりなど特徴があります。自分の目的に合った会社と契約することができます。料金体系や集客の実績などがきちんと書かれているところがおすすめです。多くが分析機能も付いていて、ユーザーの動向を細かく把握することもできます。

2.アプリ広告収入の仕組み

アプリに広告を導入した場合実際単価はどれぐらいになるのでしょうか。広告には3種類あり、インプレッション型広告とクリック型広告、成功報酬型広告が主流となっています。誰もが1度は見たことがある広告だと思います。

クリック型広告

デベロッパーに1番人気があるものがクリック型広告になります。理由は単価が高いからです。広告を1クリックすれば、平均10〜30円の収益が入ってきます。タップされれば単価が大きくなるため期待も高まりますよね。
数字で見てみましょう。1クリック10円の広告に対し、もしユーザー1000人が毎日1クリックしたら、

1,000×10×30=300,000円

です。そこそこなダウンロード数のアプリでも1000人は現実的な数ともいえます。広告はアプリの邪魔にならない少し控えめな方が好まれる傾向があります。長くアプリを使ってもらいながらロングライフの姿勢で収益を得ていきましょう。

インプレッション型広告

ユーザーがアプリを使用中に広告が表示されると、その数に応じて広告料をもらうことができます。しかし、クリック型の広告に比べると3分の1ほどの値段になり低単価。
表示させるタイミングも重要なポイントです。頻繁に広告を表示させてしまうとユーザーが離れてしまう可能性もあるので適度に表示するといいかもしれません。ヘビーユーザーがつきそうなアプリなどはこちらの方が良さそうです。健康系なども長期に渡って記録をつけるので、インプレッション型が合っていそうです。

成功報酬型広告

アプリに表示された広告を見たユーザーが、その表示されたアプリをダウンロードした場合報酬が発生します。かなり単価が高く、1回の収入は数百円になることも。ダウンロードしてもらうまでが挑戦ですが、成功につながれば高い報酬を得ることができます。
広告会社は属性等から判断し、類似性のある広告を配信してくれるので、アプリによってはダウンロードの確率が高まります。例えばパズルゲームが好きな人は、ある程度クリアすると他のパズルゲームにも注意が向きます。そういった機会を活用して上手に選択していきましょう。

3.広告収入のポイント

広告はシンプルに

ポイントとして「無料アプリ」と「シンプルな広告」を心がけましょう。有料なのに広告が付いていたら気が滅入ってしまいますね。自分がユーザーだったら、と常にそのことを念頭に置いて広告を設定してみましょう。アプリ広告で高収入を得ている人たちは、ほとんどシンプルな広告しか載せていません。長く定期的にアプリを使ってもらうためにはその方法が効果的です。使い続けてもらう仕組みを作ることがクリック継続につながっていきます。

開発を楽しんで副収入へ

ホームページが直感で作れるようになった時代、アプリケーションもテンプレートを使って簡単に作れるようになりました。とはいっても、多少プログラムの勉強する必要があります。OSによって言語が違うので覚える必要がありますが、命令文などの流れはある程度似ているので、高い壁ということはありません。テンプレート系ならフレームワークも構築されているため、十分に楽しみながら開発に取り組める環境になっています。
10年位前までは、ホームページでさえタグを打ち込んでとても細々とした作業でした。今ではパズルのように組み合わせれば完成できるほど技術が発展しましたね。アプリの開発に関しても、お助けツールが開発されたり、セミナーが開かれたり、サポート体制は万全です。本業として取り組むのは個人では厳しいですが、副業としてアプリ開発を視野に入れて広告収入を得てみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

資産を増やす手段はたくさんありますがリスクが伴うものも多くあります。その中でもアプリの広告収入は1番効率の良い方法ではないでしょうか。アプリさえ開発すれば自動で広告収入が入ってくるため大変おすすめの方法です。アプリマネタイズ(収益化)に向けて初心者の方でもどんどん製作しているため、トレンディな副業になりそうです。