Twitter広告の概要やターゲティングなどの特徴についてご紹介!

Twitter広告を出稿してみたい!!

日頃、フォロワーとのコミュニケーションや情報収集、様々な使われ方をしながら、日々の生活に浸透している「Twitter」。様々な目的に合わせた広告メニューが用意されております。

「なんか難しそう」「簡単に配信できないのではないか?」と考えて、着手できていない広告主もいらっしゃるかもしれませんが、まず、Twitterについて理解を深めてみませんか?※本編は初心者向けの記事になります。

1.Twitterとは?

Twitter社が提供する「Twitter」は、Facebook・Instagram・LINEと合わせて日本では四大SNSと呼ばれ、日本国内ではMAU(月間ユーザー数)が4,500万人を存在する、最大級のプラットフォームです。

今、身近や世界で何が起こっているのか、何が話題になっているのか、情報を瞬時にキャッチすることや、逆に投稿することができます。投稿することができる機能を「tweet」と言い、気に入った投稿を共有・拡散することができる機能を「リツイート」といいます。リアルタイム性の高い投稿や拡散から人気が高まり、写真や動画を投稿することもできます。

そんな日本でも人気なプラットフォームに、広告を配信することができます。「Twitter広告」と呼びます。

今回はTwitter広告の特徴や性能をご紹介していきたいと思います。

2.Twitter広告のメニューとは?

Twitter社が用意している広告メニューはいくつかあります。それぞれ目的や特徴が異なります。それぞれ把握して、何が一番やりたいことに近いのか、検討しましょう。

プロモツイート

プロモツイートとは、Twitter広告のメインメニューです。タイムラインフィード上に表示され、通常のツイートと似たような形式で表示されます。通常のツイートと区別できるように「プロモーション」ラベルが付いてます。リーチ(投稿の閲覧社数)の増加、エンゲージメントの増加、新規完飲登録やインストールを目的にして配信されます。

プロモアカウント

プロモアカウントとは、出稿元である広告主のアカウントに対するフォロワー数を増やしたい人(社)向けの広告です。プロモツイートと同じく「プロモーション」という表記がされ、自然ツイートと区別することができます。

プロモトレンド

プロモトレンドは1日1枠、1社24時間限定で広告掲載がされます。プロモツイート・プロモアカウントのようなオークション方式とは異なり、「24時間で○○○万円」というような純広告のような様式の広告タイプです。日によって料金は異なります。プロモトレンドもプロモツイート・プロモアカウントと同じく「プロモーション」という表記がされ、自然ツイートと区別することができます。

3.Twitter広告でできること

Twitter広告でできることを、大まかにまとめました。理解に役立ててもらえたら嬉しいです。

配信の目的

Twitter広告は、以下のような多岐にわたるターゲティング手法があります。広告配信を検討する際に、まずは目的を明確にすることを推奨します。

ターゲティング

目的を決めたら、次に、「誰に対して配信するのか」を決めましょう。配信手法の細かい設定に関わってきますので、よく検討しましょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

Twitter広告について少しでも理解が深まってくれれば嬉しいです。本編は、初心者向けに書きましたが、

今後、広告設定のご案内記事や、実績のご紹介記事を作成していこうと思います。引き続き、ご愛読頂けましたら幸いです。