フロントエンドエンジニアって何?完全初心者向け!やさしく解説します!

エンジニアにも色々種類があるの?

ITを扱える人材の需要が現在高まっており、特にエンジニアは人気のある職業になっています。

エンジニアにも、

・フロントエンドエンジニア
・バックエンドエンジニア

の2種類があります。

この内フロントエンドエンジニアは、Web制作現場において重要な役割を果たします。しかしフロントエンドエンジニアとは具体的にどういう職業なのか、いまいち分からない方も多いでしょう。

そこで今回は初心者にも分かりやすいようにフロントエンジニアとは何か、そしてその役割や必要な能力などを解説していきます。

1.フロントエンドとは?

フロントエンジニアは、「Web制作においてフロントエンドを担うエンジニア」という意味になります。ですからフロントエンドの意味が分かれば、フロントエンドエンジニアがどういった職業か見えてきます。

フロントには「前」などの意味があり、フロントエンドと言う場合はユーザー目線で前の部分を指しています。インターネットで情報を検索しユーザーが閲覧するのは、Webサイトです。つまりユーザーにとってはWebサイト自体が、フロントエンドに該当します。つまりフロントエンドエンジニアとは、「Webサイトにおけるあらゆる要素を扱うエンジニア」と言い換えられます。

2.フロントエンドエンジニアの役割とは?

フロントエンジニアには、次のような役割があります。

最適な手法で、望まれた機能を実装する

「レスポンシブデザイン」や「HTML5」など、Web上ではさまざまな新技術が登場し古い技術が廃れるときもあります。フロントエンドエンジニアはWeb制作における現状をしっかり理解しながら、クライアントの要望に叶うWebサイトを構築していく役割を担います。

たとえばWebサイトへのアニメーション機能実装を依頼された場合、アニメーションを「jQuery(Java Scriptアニメーションを簡単に実装できるライブラリ)」だけで実装するのがよいか、それともJava Scriptを一から一部打ってjQueryと組み合わせたほうがよいかなど、最適な方法で実装できるように提案を行っていくスキルが必要になります。

Webサイトにはさまざまなデザインや機能を実装できますが、手法が多すぎて最適ではない手法も存在します。フロントエンドエンジニアは各手法の違いを理解しながら最も最適な手法を比較・検討し、無駄のない実装を行えるように作業を行っていきます。

他Web作業担当者にアドバイスを行う

フロントエンドエンジニアは、Webサイトに関するあらゆることを知っているプロです。ですからHTMLコーダーやWebデザイナーなどといっしょに作業を行いながら、ときにはアドバイスも行います。

たとえばHTMLコーダーに対してメンテナンスがしやすい最適な構造を教えたり、Webデザイナーに簡単で実装しやすいデザインの手法を教えたりとさまざまなアドバイスでサポートを行います。

このようにWeb制作の顧問的な役割を担うのも、フロントエンドエンジニアの特徴です。

技術的な不具合における修正を行う

クライアントにWebサイトを納品後、何かしらのトラブルで上手くWebサイトが動かなくなってしまう可能性もあります。スムーズに対応できなければ、企業の信頼問題にもかかわります。フロントエンドエンジニアはそのようなトラブルにも対応し、不具合を修正することも可能です。

技術的な不具合の内容によっては、HTMLコーダーやWebデザイナーが対応できない場合もあります。そんなときも、フロントエンドの知識や技術について詳しいフロントエンドエンジニアがいると安心です。

3.よく使う言語や必要な能力とは?

フロントエンジニアとして活躍するには、次のような言語や技術などを駆使できるようになる必要があります。

HTML

Webサイトを扱う上で、Webサイトのコンテンツを表示させる言語である「HTML」の知識や技術は必須です。

フロントエンジニアになるためには、単にタグの違いを知っているだけではなく状況に合わせて必要なタグや無駄なタグを比較・選定し、属性設定なども含めて適切な形でコーディングを行えるスキルが必要です。

CSS

HTMLには、実際にデザインを行うための技術である「CSS」も必要不可欠です。

端末によってデザインを変更する「メディアクエリ」など関連の技術習得はもちろんのこと、どうやって他技術と組み合わせてデザインを行うかも考えられるようになる必要があります。たとえばどこまでをCSSでデザインし、どこからを「jQuery」で実装するかなどを考えるのも仕事です。

Java Script

フロントエンドエンジニアとして、フロントエンドのプログラミング言語であるJava Scriptの習得は必須です。

いくら世の中に便利なライブラリやWebサイト制作サポートのサービスがあっても、場合によっては一から手打ちしないと実装できない機能もあります。そういった機能を一からプログラミングし、クライアントの希望通り実装できるように持って行くのもフロントエンドエンジニアの重要な仕事です。

API(大手Webサービスアカウントでのログイン機能実装、マップ表示など)

効率よく高度な機能を実装するためには、「API(外部ソフトウェアのサービスを自社サービスと連携させる技術)」の活用も視野に入ってきます。

「Google Map」の表示用APIや大手Webサービスアカウントでのログイン機能実装用のAPIなどさまざなAPIがありますが、実装するにはトークンの受け渡しなどの基本的な流れや技術を覚える必要があります。

フロントエンドエンジニアはWebサイトに関するあらゆることに詳しくないといけませんから、APIについてもサッと実装できるよう技術を習得しておきましょう。

PHP

「PHP」は、本来フロントエンドと違いバックエンドの処理にかかわるプログラミング言語です。しかし「WordPress」などCMSの普及に伴い、PHPをフロントエンド側でも扱う機会が増えてきました。PHPはHTMLと組み合わせて記述可能だったりと、フロントエンド的側面も持ち合わせているからです。

ですから特にCMSを活用したWebサイト構築を考えている際は、フロントエンドエンジニアとしてPHPを直接操作して好ましい機能を実装できるレベルの技術があると安心です。

4.まとめ

今回はフロントエンドエンジニアとは何か、そしてその役割や必要なスキルなどをご紹介してきました。

Webサイトについてあらゆる知識や技術を身につけたフロントエンドエンジニアは、バックエンドエンジニアとともに現場を支える重要な人材となるでしょう。フロントエンドエンジニアになるにはHTMLやCSSに限らずさまざまな技術を習得する必要がありますが、無料で学習できるコンテンツも用意されているのでぜひ活用してほしいところです。

ぜひフロントエンドエンジニアに興味のある方は、学習を進めてみてください。