最近話題のTikTok(ティックトック)の運用広告って実際どうなの?

TikTokに広告配信できるの?!

現代では私たちにとってSNSがなくてはならないものとなり、「Facebook」や「Instagram」などさまざまなSNSが活用されています。そして同時に、新興のSNSも続々登場しています。

新興のSNSの中でも今最も勢いがあるのが、「TikTok」です。TikTokユーザー数は急激に増えており、マーケティング市場として魅力のあるSNSになっています。

TikTokでは、「TikTok Ads」というサービスを使って広告を配信できます。特に最近は運用型広告が解禁されたことで、各企業から注目を集めています。

今回は最近話題のTIkTok運用型広告について、詳しく解説していきます。

1.TikTok(ティックトック)とは何?

TikTokの運用型広告を説明する前に、まずはTikTokとは何かを説明したいと思います。TikTokは、中国初の「ByteDance社」がリリースしている動画タイプのSNSです。Web版も提供されており投稿動画の閲覧などができますが、コメントや動画投稿など機能をすべて使えるアプリから利用するのが基本となります。

TikTokの特徴として、

・15秒以内でサクッと動画を閲覧できる
・アプリ内で動画編集が完結し、さまざまなエフェクトを簡単につけられる
・拡散しやすい

などが挙げられます。 こういった特徴から、TikTokのメインユーザーは10代女性など若い方です。TikTokは現在日本だけでなく世界中でも注目を集め、国内の月間アクティブユーザーは約950万人、世界の月間アクティブユーザーは5億人以上と急成長を見せています。

2.TikTok(ティックトック)運用広告の特徴とは?

ここからは、TikTok運用広告の特徴などをご紹介していきます。

通常の投稿と同じ形式で、嫌がられにくくフルスクリーン表示される

TikTok運用広告は、インフィード広告形式になります。

インフィード広告は他投稿と同じようなレイアウトで表示される広告で、他大手SNS広告の基本フォーマットとしても利用されています。これはインフィード広告がSNS自体になじみやすく、あからさまな広告表示にならないのでユーザーのサービス利用を妨げないからです。

現代ユーザーはWeb広告に疲れている方も多く、広告と認識しただけで見るのを嫌がる場合もあります。ですからバナー広告などに頼りきったマーケティング手法は、あまりおすすめできません。

TikTokではSNS広告のデフォルトとも言えるインフィード広告により、ユーザーに広告を投稿コンテンツの一部のように表示できます。ですから純粋にコンテンツ内容が魅力的な場合、ユーザーが自発的に投稿を閲覧して有効なアクションを取ってくれる可能性も高くなります。

このようにユーザーに嫌がられにくく、動画投稿を見てもらいやすいのがTikTok運用型広告のメリットです。

またTikTok独特の特徴として、広告がフルスクリーン表示される点にも注目です。

TikTokはアプリ上で各コンテンツを縦型フルスクリーン表示するのが基本ですが、動画広告も同じようにフルスクリーン表示されます。これによりユーザーの目の前に広告が画面いっぱいに表示され、認知度も高まるというメリットがあります。

いいね!などのアクションが取れる

TikTokは拡散力の高さが特徴ですが、それは広告にも活かされています。

TikTokインフィード広告は通常の投稿とほとんどレイアウト的にそん色がなく、いいね!などのアクションも取れます。つまり他にはないユニークな投稿を行えば、いいね!などアクションが集まり拡散力が高まります。TikTokのインフィード広告はユーザーにとってコンテンツの一種類として捉えられており、アクションを取ってくれる方も多いです。広告という枠に縛られず、ユーザーが楽しめるコンテンツとは何かを考えながら広告を作成すると拡散力も高くなるでしょう。

細かいターゲティング設定が可能

運用型広告では、どのようなターゲティング設定ができるかがポイントになります。TikTok運用型広告では各種ターゲティング設定が可能で、ピンポイントに広告配信が可能です。

・性別
・年齢
・モバイルのOS
・通信環境
・オーディエンス
・使用言語
・地域

こういった項目を設定して、広告配信できます。

性別や年齢など基本的な項目だけでなくどんなOSでTikTokを利用しているか、そして通信環境が「Wi-Fi」なのか、それとも「4G」なのか、などまで把握して配信できるのがユニークです。
さらにコストパフォーマンスもTikTokの高精度アルゴリズムにより最適化され、「CPA」に沿って適切なコストコントロールが可能もメリットです。

掲載できないジャンルもある

TikTokでは、次のようなジャンルを広告掲載できません。

・ギャンブル
・ソーシャルアプリ
・マッチングアプリ
・金融サービス
・お酒

要するに、公序良俗に反するジャンルやTikTokのライバルとなるサービスの広告などは掲載できないということです。TikTok広告の入稿規定に引っ掛かった際は、他のSNS広告なども検討してみましょう。

クリエイティブ規定がある

TikTok広告では、次のようなクリエイティブ規定もあります。

・動画は5~15秒に収める
・テキストは半角12〜80文字、全角6〜40文字以内に収める
・動画は音声が必要

短い時間に商品やサービスの魅力を凝縮しなければならないため、編集にはそれなりのスキルが必要です。その他運用面でデメリットを感じ困りそうな場合は、思い切って広告代理店に運用を依頼してみるのも有効です。

3.BuzzVideo広告の特徴とは?

補足になりますが、TikTok Adsを利用すると「BuzzVideo」にも広告を配信できます。BuzzVideoとはBytedance社が運営する動画配信プラットフォームで、TikTokの姉妹アプリに近い立ち位置にあるアプリです。利用者数はこちらも増え続け、ダウンロード数は1,000万を突破しています。

シェア機能などSNSとしての機能も用意されており、また条件をクリアするとアカウントを収益化して稼ぐこともできます。このため、TikTokとはまた別の魅力があるサービスと言えます。BuzzVideoにも、TikTokと同じような運用型広告を配信可能です。TikTokと違ってポストロール広告なども運用できるので、さまざまなフォーマットで広告運用ができます。

BuzzVideo広告は、まだノウハウがインターネット上に十分集まっていない状況なのがデメリットです。自力で運用するのは骨が折れるはずなので、興味のある方は広告代理店に運用相談してみると安心です。

4.まとめ

今回はTikTok運用広告とは何か、そして特徴や注意点、BuzzVideo広告についても説明してきました。今勢いのあるTikTokに運用型広告を配信すれば、若いユーザーを中心に効果的なアプローチができます。ちなみにユーザー層は広がりつつあり、将来的にはもう少し年齢層が高めのユーザーにも訴求しやすくなるでしょう。

またBuzzVideo側にも運用型広告を配信できるので、競合に差をつけたい場合は検討してみましょう。ぜひTikTok広告を活用して、広告効果を最大化してみてください。