ブースト広告を理解してますか?リワード広告との違いと、化石手法となってしまった訳

最近聞かなくなってしまったブースト広告ってなに?

ブースト広告を理解してますか?リワード広告との違いと、化石手法となってしまった訳
Web広告の手法は多様化し、企業は自分に合った方法で広告出稿できるようになりました。アプリを宣伝する際にも、Web広告は有効です。

ただし中には公平な競争を妨げるということで、実質禁止になっているアプリ広告手法もあります。代表的なのが「ブースト広告」です。アプリを提供している企業は、ブースト広告とよく比較されるリワード広告との違いをよく理解した上で、ブースト広告がどれだけ危険かを認識する必要があるでしょう。

今回は初心者にも分かりやすくブースト広告とは何か、そしてリワード広告との違いや危険性などをご紹介していきます。

1.ブースト広告とは?

ブースト広告の「ブースト」には、「押し上げる」という意味があります。そしてブースト広告とは言葉通り、「アプリダウンロードを促す広告を短期間に大量に出稿し、アプリストア内での自社アプリランキングを意図的に引き上げる広告手法」を指します。

アプリストア内の各アプリの評価には、アプリダウンロード数も利用されます。そしてこのダウンロード数が短期間に増えれば、急激に評価が上がります。結果的にリリースしたばかりの認知度が低いアプリも、あっという間に検索結果上位に入るという仕組みです。

2.ブースト広告とリワード広告の違いとは?

ブースト広告とよく比較される広告手法として、「リワード広告」があります。結論から言うとこの2つはまったく違うものではなく、リワード広告の出稿方法の一つがブースト広告、という位置づけになります。

リワード広告は、いわゆる「アフィリエイト広告(成功報酬型広告)」の一つです。

アフィリエイト広告には2つあり、

・直接インセンティブタイプ・・・商品購入など成果を発生させた本人が報酬を得るタイプ
・間接インセンティブタイプ・・・広告を掲載したアフィリエイターや企業が報酬をもらい、成果発生させたユーザーにはそれが付与されないタイプ

に分かれます。この内直接インセンティブタイプに当たるのが、リワード広告です。

ちなみに直接、間接という呼び方ですが、実際の違いはアフィリエイト広告を利用したユーザーが報酬をもらえないかもらえないかです。ですから直接、間接というよりも、「ユーザー報酬発生タイプ」、「ユーザー報酬非発生タイプ」と言い換えたほうが少し意味が分かりやすいかもしれません。

リワード広告の分かりやすい例は、ポイントサイトです。

ポイントサイトにはWebサービスやネットショッピングなど、さまざまなジャンルの広告が掲載されます。そしてWebサービス登録やネットショッピングでの商品購入など、条件に合ったアクションを行うとユーザーは各広告に記載されている報酬がもらえます。

ポイントサイトには、アプリに関する広告も出稿可能です。そして以前ポイントサイトには大量のアプリダウンロード広告が掲載され、ユーザーに金銭を与えることでダウンロード数を水増しする行為が以前はやっていました。

たとえユーザーはアプリ自体に興味がなくても、対価として報酬がもらえるので広告を利用します。そして広告経由でアプリが大量にダウンロードされ、アプリストア内でのランキング順位が不自然に伸びます。この一連の流れがブースト広告に当たります。

つまり

・リワード広告・・・ポイントサイトのように、広告報酬の一部をユーザーに付与する広告
・ブースト広告・・・ポイントサイトなどにアプリダウンロード広告を短期間に大量掲載し、意図的にアプリランキング操作を図る

となります。要はリワード広告を利用し、アプリランキング操作を狙うのがブースト広告です。

3.ブースト広告の目的

すでに何度か説明していますが、ブースト広告の目的は「アプリダウンロード数水増しによるアプリストアランキング操作」です。

「SEO(検索エンジン最適化)」の世界では、かつて「ブラックハットSEO(不正な行為による検索エンジン最適化対策)」がはやっていました。

ブラックハットSEOには

・被リンクを購入し、自社サイトにつながる外部リンクを大量に増やす
・コンピューターで自動生成した記事を、大量に量産する
・コピーコンテンツを作成する

などの手法があります。

この中でもブースト広告は、

・被リンクを購入し、自社サイトにつながる外部リンクを大量に増やす

に近いものがあります。

被リンク購入手法ではまず、購入仲介サイトなどを通して個人や企業から被リンク枠を購入します。そして報酬を得た個人や企業は、契約した企業のリンクを意図的に貼ります。このような行為を繰り返すと、自社サイトにアクセスできる大量の被リンクが生成されます。

一昔前の検索エンジンは、コンテンツ人気や質を計測する指標として被リンクを大変重視していました。ですから被リンクが大量に増えるとそのコンテンツは質の高い人気Webサイトとみなされ、検索エンジンからの評価も上がりました。

ブースト広告でもユーザーに報酬を与え、見返りにアプリをダウンロードさせて不正なアプリランキング操作を狙います。このように金銭と引き換えに検索結果を不正操作しようとする点が、両者が似ていると述べた理由です。

最近は「Google」が、不正なリンク貼りなどブラックハットSEOの取り締まりを強化しています。これと同じような現象が、やはりアプリストア内でも現在起きています。詳しいことは次の章で見ていきましょう。

4.ブースト広告の危険性

ブースト広告は、不正にアプリ評価を上げようとする不正な手法です。そしてアプリストア側も、ブースト広告を排除しようと対策を打っています。

たとえば「Apple」では「Apple Store」内の規約で、

・金銭や報酬を見返りにダウンロードなどを促しランキング操作したことが発覚した場合、App Storeの信頼性を保つためアプリ開発会社自体をDeveloper Programから除名する場合がある

と説明しています。

つまりブースト広告などを行って不正にランキング操作したことがApple側に発覚した場合、最悪アプリをApp Storeに公開して、「iOS」にインストールしてもらう一連の流れがすべて停止してしまう危険性があります。

また「Google」も「Google Play」の規約で、

・報酬に基づくインストールは場合によってはポリシー違反になる

と発表しています。

ブースト広告は明らかにポリシー違反となり、最悪アプリがストアから除外される可能性もあります。

ここまで記事を見ていると「リワード広告=全部ダメ」というイメージを持つかもしれませんが、決してそうではありません。

あくまでブースト広告のような、意図的にアプリランキングを操作する不正行為が禁止になっています。つまり定義が難しいですが、新規ユーザー獲得の手法の一つとして純粋にリワード広告を利用している場合は不正に当たらないと言えるでしょう。

実際現在「LINE」アプリ内で「LINEポイント」が獲得できるアプリダウンロード案件が掲載されるなど、大手企業でもアプリダウンロード案件を紹介しています。もしあからさまに不正に当たるようであれば、このような広告掲載を堂々と行わないでしょう。

また最近では、動画リワード広告という手法も登場しています。

この手法はまずリワード広告でアプリの紹介動画を視聴してもらい、視聴後アプリダウンロードボタンを表示してダウンロードを促す、というものです。インストールするかどうかはユーザーの自由であり、ランキング不正操作にはつながりません。また最後まで動画を視聴してもらえる可能性も高く、認知度向上などにも大きな効果があります。

ただしリワード広告に予算を投下しすぎてダウンロード数が急増すると、不正操作と思われる可能性も高まります。あくまでアプリダウンロードを促す広告は集客手法の一部と捉え、メインはバナー広告など他のWeb広告手法にしたほうが安全です。

5.まとめ

今回はブースト広告とは何か、そしてリワード広告との違いや目的、危険性などをご紹介してきました。

ブラックハットSEO的手法であるブースト広告は不正な手法であり、GoogleやAppleから警戒されています。ですからたとえすぐアプリランキングで上位を取りたくても、安易にブースト広告に手を出さないようにしてください。