CPCVとは?動画広告において、絶対知っておくべき単価を把握する!

動きで目を引き記憶に残りやすい動画広告

数年前から広がりを見せ、動画広告の市場は2019年で2000億円にも達する勢いです。そんな動画マーケティングに欠かせないものの一つがCPCV。これは動画の広告をつける際の単価の算出方法を指し、プロモーション戦略の様々な場面で使われている用語です。ディベロッパー(アプリの開発者)は収益源の動向、広告主にとってはユーザーの獲得等に役立ちます。
類似した意味を持つCPVと比較されて使われることが多いため、CPVとCPCVについてそれぞれ解説していきたいと思います。さらに動画広告をつけることにより、それによる単価もしっかりと把握しておきましょう!

1.CPCVとは?

CPCVは、「Cost Per Completed View」の略です。
動画広告が最後まで再生された場合、再生数に応じて支払われる費用のことです。動画広告の収益のみを指していることもありますが、正確にはその費用を計算する「算出方法」と「指標」のことを意味しています。指標によって人気があるのか目印にもなりますね。この広告の特徴として、Completeと言う単語が含まれているように完全に動画を視聴してもらうことが報酬の条件になります。

完全視聴の目的

動画を最後まで見てもらうことで、紹介する商品に対する深い理解や関心を持ってもらうことを目的として作られています。最近では、テンポが良く口調が早め、そして思わず笑ってしまうような、そういった広告が人気のようです。歌やラップを使ったプロモーション、幅広い年代の視聴者が知っているアニメのキャラクターを活かして制作されたものも見受けられます。
 

代表的なCPCV

完全視聴型の動画広告として、大手サイトYouTubeが分かりやすいと思います。YouTubeでは、動画を視聴する場所に出てくるTrue View方式。投稿者のタイミングによって広告を入れることができます。しかし広告がスキップされたり、途中で中断されたりした場合は報酬が発生しないリスクもあります。完全視聴に至った場合は、高い報酬になるので、広告を設定する場合は設置する場所がポイントです。

2.CPVとの違いは?

CPVは「Cost Per View」の略です。CPCVと同じような指標としてこちらもよく使われています。違いは広告を最後まで見る必要はなく、クリックや短い視聴で報酬が発生することです。

短くてもいい理由は?

より多くの人に商品を知ってもらうことを目的としているため、「認知」に重点を置かれて制作されています。もちろん動画を最後まで見てもらうに越した事はありませんが、宣伝がメインなので途中でスキップされても構いません。テレビコマーシャルに似た性質を持つ広告で、ポータルサイトで多く普及しています。

報酬形態

違いとしては、CPCVが1回の視聴で報酬が発生しますが、こちらは広告表示1000回で1単位としてカウントされます。計算式は、広告出稿費用÷再生回数。
広告会社ごとに細かく設定が違っており、一定時間を設けているもの、少しでも再生されればOKなもの、30秒以上視聴、クリックのみなど様々な形態があります。

3.CPCVの計算方法は?

    CPCV:広告出稿費用÷完全視聴完了数

がCPCVの計算になります。広告会社の平均では視聴完了率の平均は30%という結果が出ています。カテゴリーに沿った親和性の高い広告になるほど完全視聴に至っています。静止画広告は平均0.5%なので、30%は高い域といえるでしょう。動画はユーザーの関心を引きやすいということがわかりますね。

4.まとめ

完全視聴型の動画広告についていかがでしたでしょうか。導入するにあたり、ユーザーが離れたら、スキップされたら、と心配があるかもしれません。しかし、アプリマネタイズのメインとして活用することで大きなメリットが得られるかもしれません。CPC会の手法を試してみて、アンバランスを感じるなら、広告の種類を変更することもできますよ。ポイントとしては、利益をだすためにダッシュボードでユーザーの動向やCPCVなどの単価をきちんと理解していることが、一番の成功要因になります。