Amazon広告の仕組みと種類について!気になるアマゾン広告の運用方法を理解しよう!

Amazonの広告?

今やAmazonで買い物をした事がないという人を見つける方が難しい。そう言っても過言ではないくらい私たちの生活に欠かせないものとなったAmazon。そんな世界最大級のECサイトに商品を出品している数多くの企業の方々。膨大な数の商品を扱うAmazonにおいて自社商品を見つけてもらうにはどうすれば良いでしょうか?Amazonに広告を出稿してみるという方法であなたが売りたいその商品を消費者に見つけてもらえる手段になるかもしれません。本日はAmazon広告について、その仕組みと種類をご説明していこうと思います。

1.Amazonで売り上げを上げるためには

あなた自身がAmazonを利用する時のことを思い出してみてください。欲しい物があってAmazonに入り、商品を検索し、いくつか比較して購入しませんか? Amazonで売上を上げるには、この検索結果で上位に表示される必要があるのです。Amazon公式動画によると、ユーザーの7割は検索結果の1ページ目しか見ていないそうです。1ページ目に載るためにはAmazon独自の検索エンジン「A9」に評価される必要があります。商品ページのアクセス数や注文数、レビュー数にて評価されるそうです。

2.Amazon広告を利用する理由

Amazonでの検索順位を上げる「A9」とは

Amazonでの検索順位を上げるにはA9に評価される必要があることを書きましたが、A9はページ内外の特定データに基づいて検索結果画面を生成しています。Googleの検索エンジンはGoogle以外のサイトへユーザーを誘導することが目的となったアルゴリズムですが、A9はAmazon内でユーザーを誘導して利益を循環させることが目的となったアルゴリズムとなっています。A9の詳細については又の機会に記しますが、商品詳細ページのアクセス数や注文数、レビュー数によって順位が上がるのでAmazonに最適化された商品ページを作ることが大切になるでしょう。

Amazon外に認知を広げる

商品をユーザーの目に届けるために、アクセス数を増やすために最も手堅い手段がAmazon広告を使用することです。基本的にはリスティング広告と同様ですが、Amazonの場合は広告で売れれば売れるほど、自然検索でも上位表示されていくので、成長スピードがさらに期待できます。

では、Amazon広告にはどのような種類、特徴があるのでしょうか?以下ではAmazon広告の種類と特徴をお伝えしていきます。

3.Amazon広告の種類と特徴について

スポンサープロダクト広告

キーワードによるターゲティングが、Amazon内の検索画面の下に広告が表示されます。最も出稿量が多く、費用対効果が大きいサービスです。出品する商品に似た商品を検索しているユーザーにアピールし、商品詳細ページに誘導することで、Amazonの売り上げを伸ばすのに役立ちます。

スポンサーブランド広告

プロダクト広告と同様にキーワードによるターゲティングが可能です。掲載場所がプロダクト広告と異なり、ブランド広告の場合は、検索結果画面の上部に表示されます。Amazon で買い物をするユーザーがブランドロゴをクリックすると、ストアまたはランディングページに移動します。また、ユーザーが商品をクリックすると、商品詳細ページに移動します。スポンサーブランド広告は、ブランド登録をすると出稿することが可能です。

商品ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、トップページ、検索ページ、商品詳細ページと様々なところに様々な形態で広告を出稿できます。動画広告もトップページや商品詳細ページに出稿することができます。幅広いリソースを用意する必要はなく、自動作成されるカスタマイズ可能なクリエイティブを売り上げにつながるように最適化することで、商品カタログとして全体を宣伝できます。

Amazon DSP

今までAmazon Advertising Platform (AAP)と呼ばれていた広告です。DSP(Demand-Side Platform)広告、潜在層と顕在層に効果的な広告と言われています。Amazonサイト内のみではなくAmazon外の提携サービスにも配信が可能です。Amazonの持つ膨大な顧客リスト・購買履歴をターゲティングすることができ、以下のようなターゲティングが可能になります。

・閲覧履歴、購買履歴から推測されるユーザーの生活スタイル
・直近の興味関心をひいているアイテム
・閲覧した商品のカテゴリー
・ユーザーの都道府県
・年齢、性別、職業、世帯年収など
・3か月以内に初めてAmazonで購入した新規顧客

こうした細かいターゲティングを行い、Amazonのショッピングサイトの広告表示が可能です。
また、広告のアピール効果が高い動画広告も可能となっています。Amazon DSPには広告の自動最適化サービスがあり、ターゲット設定の追加と削除ができ、広告の頻度や配分などを最適化する仕組みを利用できます。このサービスはAmazonが蓄積したデータをもとにAIによって行われており、追加料金なしで利用できます。このような機能を使うことにより、精度の高いターゲティングと広告を出稿ことが可能になります。

4.まとめ

いかがでしょうか?Amazon広告の仕組みについてご理解いただけましたか?Web広告では現在Google、Yahoo!などがリードしている状況ですが、購買データを利用できるという強みのあるAmazon広告サービスも今後さらに広がっていくことでしょう。