WEBマーケティングにおけるセッションとは?ユニークユーザー数とPV数の違いも合わせてご紹介!

Session

ジャズなど音楽の世界で複数の演奏者が集まって演奏することをセッションと言いますが、今回のセッションは音楽のお話ではなくコンピュータ用語、webマーケティングにおいて使用するセッションについてです。

1.セッションとは

先ず英単語としてのsessionを辞書で引いてみると 会期、学期、(ある活動を行う)期間、集い などと訳されています。
コンピュータ用語としてのセッションはプログラムが作動してから終了するまでの動作のことを「1つのセッション」と言います。「訪問」「ビジット」とほぼ同じ意味で使用しています。「ホームページに訪問する」なんて言い方をしたことがありますよね?
「visit」と「session」英語の意味は別々ですが、昨今スマホの普及によりアプリもGoogleアナリティクスなどのウェブ解析で計測できるようになりました。アプリには「ページ」という概念がないので、整合性を取るために「セッション」と呼ぶことになったそうです。

「うちのホームページのセッションは最近どう?」(うちのホームページのアクセス数は最近どう?) 「うちのユーザーは1セッションで何ページくらい見ているんだ?」(うちのユーザーは1回の訪問で何ページくらい見ているんだ?)こんな使い方をします。さまざまな事象を引き合いに出すことが多いワードです。

2.セッションの数え方

Webマーケティングにおけるセッションは、ユーザーがwebサイトにアクセスしてからそのサイトから離脱するまでの一連の行動のことを「1セッション」と言います。
1セッションで1ページしか閲覧しない場合もあれば、1セッションで何ページも見る場合もあります。ただし、Webページを開いたままにするなど、ページ閲覧とページ閲覧の間にある程度の時間(30分以上)が経過した場合は新たなセッションとしてカウントされます。サイトを離れて再びそのサイトにアクセスした場合も新たなセッションとしてカウントされます。

3.セッション数とユニークユーザー数の違い

セッション以外にもWebサイトの流入を表す指標があります。Google Analyticsで用いられているユーザーとは集計期間内にWebサイトに訪問したブラウザの数を表す指標です。ユニークユーザー(UU)と呼ばれます。
セッション数とUU数は数え方が異なります。

・セッション数は、特定の期間内に同一のブラウザを用いて
ユニークユーザーが同一サイトに複数回訪れたら、
その回数だけセッション数としてカウントされます。
・ユニークユーザー数は、特定の期間内に同じWebサイトに
同一のブラウザを用いてユニークユーザーが複数回訪問した場合は、
1ユニークユーザーとしてカウントされます。

上記の画像で確認すると、
1人のユーザーが同じブラウザで同じwebサイトを訪問した場合、この場合の数え方は4セッション、1ユニークユーザー(1UU)となります。

4.セッション数とページビュー(PV)数の違い


セッションとともにアクセス解析でよく用いられる指標としてページビュー(PV)というものがあります。ページビューはWebサイトがどのくらい見られているかを測るための指標であり、Webサイト内の特定のページが開かれた回数を表します。セッション数とページビュー数は重要な指標なので、ここでカウントの方法を確認します。
上記の画像をケース1として、1つのブラウザでWebサイト内の3つのページを移動した場合。
この場合は1セッション、3ページビュー(3PV)になります。


上記の画像をケース2としましょう。
1つのブラウザでWebサイト内の2つのページを訪れて、電話をしていて30分放置した後、Webサイト内の違うページを訪れた場合
この場合は、2つ目のページを開いた後の30分によってセッションが終了します。その結果、2セッション、3PVをとなります。


上記の画像をケース3としましょう。
1つのブラウザでWebサイト内の2つのページを訪問した後で、違うブラウザで同じサイトを訪れて1つのページを閲覧した場合

ブラウザが変われば違うセッションになるので、2セッション、3PVとなります。

・セッション数=ユーザーがwebサイトを「閲覧した回数」
・ユーザー数=webサイトを訪れた「ブラウザの数」
・PV数=webサイト内で「ページが表示された回数」 となります。

5.セッション数・ユーザー数・PV数の確認

「昨日はたくさんのセッションがあったのに今日はピタリと止まってしまった。」「翌日は今までで一番セッションがあった。」などなどwebサイトユーザーの変化はとても早いです。
サイトの状況を理解する上でセッション数、ユーザー数、PV数の指標をチェックする事が非常に大切です。これらの数え方として、アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を使って確認することができます。

Googleアナリティクスは、
1.Googleアカウントを取得
2.アナリティクスのトラッキングコードを取得
3.トラッキングコードをサイトに設置
まずは上記の手順から始められます。

Googleアナリティクスのご説明だけで記事が1本書けてしまう内容ですので本日は長くなってしまいますから別の機会にお話しいたしますね。

6.まとめ

セッション数、ユーザー数、PV数、このようなアクセス解析の指標を用い、ご自身のWebサイトがどのように閲覧されているかを研究すると、新たな対策が浮かんできてサイトの改善策が見えてくるでしょう。