Swiftとは?Appleのアプリ開発言語の特徴を知ろう。※初心者向け

Swiftって知ってますか?

アプリを開発する上で、「Apple」機器への対応は避けて通れません。「iPhone」が日本で高い人気を得ているなど、Appleの機器は世界中で一定のシェアを獲得しているからです。Apple機器系のアプリを開発する際にぜひ覚えてほしいのが、「Swift」です。Swiftを使えば、シンプルに有用性の高いアプリを開発できるようになります。

今回はSwiftとは何か、そして何ができるか、なぜ今必要になっているかなどを解説していきます。

1.Swiftとは?

Swiftとは、2014年にAppleが発表したオープンソースのプログラミング言語です。

従来Apple機器向けのアプリを開発する際は、「Objective-C」という特殊な言語が使われていました。しかしObjective-Cは他プログラミング言語と比較してもくせが強く、学習に対して高いハードルがありました。Swiftでは他プログラミング言語を参考にしながら、「どうしたら簡単に便利なアプリが開発できるか」に重点が置かれています。ですからプログラミング初心者でも、安心して学習できる言語です。

2.Swiftでできることは?

ここからは、Swiftで何ができるかを解説していきます。

シンプルなアプリ開発・動作チェック

 
Swiftの大きな特徴の一つは、シンプルなアプリ開発・動作チェックなどが可能なことです。従来使われていたObjective-C言語では、行の終わりにセミコロンを入れる、長い記述を行う必要があるなどの理由で扱いにくいのがネックでした。しかしSwiftでは行の終わりにセミコロンを入れる必要がなく、また記述もシンプルに済ませられます。

たとえば変数宣言の場合、

    ・Objective-Cの場合:NSInteger i = 2;・・・「NSInteger」などの型指定の必要有
    ・Swiftの場合:var i = 2・・・自動で型判断されるので、指定の必要無

となり、Objective-Cに比べてSwiftは「Java Script」など、スクリプト言語のように記述が可能です。さらに用意されている各フレームワークを活用すれば、開発時間を短縮しながらさまざまな機能を実装可能になります。また動作チェックをしたい場合は、「Playground」を使うことでプログラムチェックなどを効率化できます。

Playgroundは、Appleが配布しているアプリ開発ツール「Xcode」で使える機能です。リアルタイムでコードをチェックできるので、間違いがある場合はすぐに修正が可能です。こういった特性から、Swiftはプログラミング初心者でも無理なく学習できる言語となっています。

高速なアプリ読み込み

高速なアプリ読み込みが可能なのも、Swiftのメリットです。Swiftのプログラムファイルを実際に各端末で読み込むには、コンパイル処理が必要になります。Swiftに使われている「LLVMコンパイラ」は、高速処理に定評があります。たとえばObjective-Cと比べて処理が約2.6倍など、他プログラミング言語よりも高速な処理を可能としています。

他の言語と組み合わせる

Swiftは、他プログラミング言語との互換性もあります。たとえばObjective-Cのプログラムファイルと組み合わせてアプリ開発をしたり、といったことも可能です。アプリ開発の中では、「古いアプリのあの機能を再活用したい」などの要望も出てくるかもしれません。Swiftを使えばわざわざプログラムを打ち直す必要がなく、上手く流用しながら新しいアプリ開発などが可能になります。

ただし複数の言語を混在させ過ぎると、Swiftのシンプルさが損なわれてしまう可能性もあるので注意しましょう。

3.なぜSwiftで開発するべきなのか?

Swiftは前述したように、Objective-Cに代わる新しいプログラミング言語としてAppleが発表しました。つまりこれからは、SwiftでApple機器のアプリを開発するのが当たり前の時代になります。

実際シンプルなコード記述が可能、メンテナンスもしやすいなどのメリットから、多くの企業がSwiftを使ってアプリ開発を行っています。またSwiftは「iOS」だけではなく「Mac OS」など、あらゆるApple機器で使われるアプリの開発が可能です。ですからApple機器用アプリの開発の際は複数の言語を覚える必要がなく、Swift一つ覚えておけばいろいろなアプリが開発可能です。

「Android」など他環境用のアプリも開発しないといけないときは事情が変わってきますが、それでもSwift登場前よりは格段にアプリ開発が楽になるでしょう。このように扱いやすく将来性もあるSwiftを今の内に覚えておいたほうが、アプリ開発に携わっている場合大きなアドバンテージになるはずです。

4.まとめ

今回はSwiftとは何か、そして何ができるかや今必要とされている理由などをご紹介していきました。iOSなどで提供するネイティブアプリを開発する際は、Swiftを使うと開発時間を短縮しながら扱いやすいアプリを開発できます。スクリプト言語などすでにいくつかプログラミング言語を触っている場合は、すぐにSwiftの使い方を覚えられるでしょう。

ぜひSwiftをマスターして、ネイティブアプリなどの開発に役立ててください。