古いASO対策に要注意!iOS13のロジック変更でアプリインストール数が激減!?

ASOとは?対策は充分?

ASOは、Apple Store / Google Play 共に、「検索からのインストール数の最大化」を目的とした対策です。ユーザーが検索からアプリを発見してもらう確率を高めるためにタイトルやキーワードを調整変更します。ただし、ストア側のロジックは目まぐるしく変更されます。1年前に一生懸命考えた、タイトルやサブタイトルやキーワードは、今は意味の薄いものになってしまっているかもしれません。

2019年9月にiOS13にアップデートされたために、今まで好調だったアプリもインストール数が減ってしまっているかもしれません。最新のASO情報を適宜収集しつつ、現状を把握し、対策をうっていきましょう!!

iOS13でロジック変更?

2019年9月にiOS13のアップデート以降、オーガニックインストールが減少していないですか?今まで好調だったアプリもインストール数が激減というケースもちらほら出ているようです。
この問題を放置してしまうと気がつかないうちに、アプリの評価が下がってしまう可能性もありますので、一度、アプリの状況を把握することをオススメします!

無料でASO診断したい方はコチラ!

1.ASO対策を意識してタイトルやキーワードを決めてますか?

「はい。」と回答できた方は何名くらいいるのでしょうか?このASOを意識してタイトルやキーワードを決めるのと意識しないのでは全くちがいます。

ASO対策は、AppleStoreやGoogle Playの検索ロジックに大きく左右されますが、
常にアルゴリズムが変更されているため、最新の情報を意識的に収集する必要があることが挙げられます。

WEBサイトのSEO同様に、順番によって上位表示されるされないなど、細かいロジックがあるのです。
故に、皆さん、独自に仮説と検証を繰り返して、ASOの最適解を探しているのです。

 

2.アプリのフェーズを理解した上でASO対策を

どういう意味でしょうか?どう違うのか、具体的な例を以下に挙げます。

・リリース初期のアプリと、成熟期のアプリでは、ASO対策するべきキーワードは異なります。
・DAUや、インストール数によってもASO対策するべきキーワードは異なります。

このように、アプリのフェーズ(時期)やアプリ内のコンディションに大きく左右される訳です。しかし、多くのアプリマーケティング担当者さんは、ASO知識が少なく、誤った認識を持っていることが多いです。

結果、あなたのアプリのコンディションを考えずに、ASO対策を行ってしまいます。他にも見落としやすい点や、誤りやすい点をQ&A形式で以下に纏めてみました。

3.ASO診断で把握できること

あなたのアプリのURLを教えて頂けましたら、以下のような内容をご提案させて頂きます。

・不必要なキーワードを特定
・競合アプリとのキーワードランキング比較
・ASO対策実施後のインストール数の増加シミュレーション

ASO診断は、もちろん無料です。URLを送って頂くだけなので、簡単に診断が可能です!

不要なキーワードを特定

現在、タイトル・サブタイトル・キーワードで、不要なキーワードがないか診断をします。合わせて、設定しているキーワードのランキング推移グラフを作成します。

競合アプリの状況チェック

御社がベンチマークしているアプリや、弊社で競合アプリと見受けられるアプリの、キーワードランキング比較表を作成します。こちらで現状の把握や、狙うべきキーワードが見えてきます。

ASO対策実施後のインストール数の増加シミュレーション

弊社でASO施策を実施させて頂いた場合に、どの程度インストール数が増加するのかシミュレーションを作成します。こちらで、改善の余地を把握することが可能です。

導入アプリ一覧

過去100アプリ以上の導入事例があります。今回は一部のアプリをご紹介させて頂きます。

4.無料でASO診断したい方はコチラ!

いかがでしょうか?心当たりある内容はありましたでしょうか?こちらはほんの一例です。「ASO無料診断」のお申込みや、質問や相談に関しては、以下から、お問い合わせください!!あなたのアプリの収益性向上のために、まずはASO診断で現状を把握してから、対策を決めていきましょう!!

 

App Storeの場合:https://apps.apple.com/jp/app/id〇〇〇〇

google Playの場合:https://play.google.com/store/apps/details?id=〇〇〇〇

プライバシーポリシー