アプリマーケティングにおいてのSNS活用で期待できる効果とは?

アプリ内改善って具体的に何からやるべき?

アプリマーケティングによる効果を高めたい場合、SNSの有効活用は欠かせないものとなっています。
多くのユーザーを内包するSNSをマーケティングツールとして利用できれば、さまざまなメリットを自社アプリに応用することが可能です。
この記事では、SNSの活用によって期待できるアプリマーケティングへの効果や注意点、そしてSNSごとの特徴を紹介していきます。
アプリとSNSを結びつけることによって、どういった効果が得られるのかを、この機会に把握しておきましょう。

大見出し①:

アプリマーケティングを行う際に、既に多くのユーザーの生活に深く根付いているSNSを使うことは有効といえます。特に自社アプリのアピール方法を模索している場合や、有効な一手が見つからないときには、SNSを中心としたアプリマーケティングは参考となるでしょう。
まずはアプマーケティングの基本的な概要と、SNSがツールとして役立つ理由をチェックして、その魅力を確認していきます。

中見出し:アプリマーケティングとは
アプリマーケティングとは、アプリを経由してユーザーとコンタクトを取り、市場の拡大や自社の認知度上昇などを目指す手法のことを指します。
有効なアプリマーケティングを継続することは、自社のプロモーション活動につながり、エンゲージメントやロイヤリティの向上を経て、理想とするコンバージョンを導くことも可能です。
あらゆる企業にとってアプリマーケティングを意識することが、成長と結果を導くことになると想像できるでしょう。
今やスマホの利用率は85%以上にもなっていることから、アプリを活用したサービスの提供は消費者に近づくきっかけとして有効です。今後もスマホが日常的なものである限り、事業におけるアプリマーケティングの重要性が揺らぐことはないでしょう。

中見出し:アプリマーケティングに役立つツールとしてSNSを活用する理由
アプリマーケティングを巧みに活用していくためのツールとして注目されているのが、一般的なコンテンツとして浸透しているSNSです。
多くの人が毎日のように利用するSNSとの連携が取れれば、アプリマーケティングの効率はアップし、より大きな効果を望むこともできるでしょう。
具体的には、自社アプリや企業名の知名度アップ、有効的なブランディングの実現、スピーディな情報の拡散などが、SNSの導入によって期待できます。
本格的なアプリマーケティングにつながる可能性を秘めているので、SNSを使っていくことは重要なポイントになるでしょう。

大見出し②:

現在日本国内での主要なSNSには、Facebook、LINE、Twitter、インスタグラムなどが当てはまります。
それぞれ拡散力が高く、小さな情報源からでも大きく発展していく可能性があるため、本格的なアプリマーケティングに貢献してくれるでしょう。
各SNSには特色があり、ユーザー層やシステムに違いがあります。自社アプリと相性の良いSNSを見極めるためにも、以下からそれぞれの特徴やメリットを確認して、活用方法を考えてみましょう。

中見出し:Facebookの特徴
実名での登録が行われるFacebookは、世界規模で多くのユーザーを抱えている有名なSNSです。
常に名前が表示されることから、情報の信用度が高いSNSとして扱われるのが特徴です。Facebookで有益な情報を発信していくことができれば、自社のブランド力を高めて、長期的なファンを獲得することも可能でしょう。
登録ユーザーの年齢層は30〜40代が中心なため、比較的高い年齢層をターゲティングできます。高い年齢層を対象にしたアプリのマーケティングの場としては、Facebookが有効となるでしょう。

中見出し:LINEの特徴
連絡手段として定着しているLINEも、アプリマーケティングにおいては有効活用できるツールとなります。
企業視点からするとLINEは広告機能も充実していて、自社アプリの情報をメルマガで伝えたり、お得なクーポンを配信したりすることが可能です。PUSH通知を活用してユーザーにアピールができるので、毎日の生活の中で自然と企業の存在をアピールできます。数タップで手軽に内容を確認してもらえるのも魅力で、広告に対してのレスポンスの早さにも期待できるでしょう。

LINEは決済サービスやニュース機能など、あらゆるシステムを導入して、その価値を高めていることでも知られています。LINEでのマーケティングを進めることで、将来的にもっと大きな効果を得られるようになるかもしれません。

中見出し:Twitterの特徴
最大280文字という限られた文字数と、ハッシュタグによる簡単検索で情報を発信するTwitterも、ビジネスにおける応用が可能なSNSです。拡散力と発信までのスピードに定評があるSNSであるため、新情報の配信や速報に向いています。
中心ユーザーは新しい情報に敏感な若年層が多いことから、アプリのターゲットが若いほど有効な効果を引き出せるでしょう。ユーザーから気軽に企業をフォローできるシステムとなっているので、面白いつぶやきをして注目を集められれば宣伝につなげられるのも特徴的です。工夫次第で知名度を高められるため、企業の規模に関わらず有効な手段であるといえます。

中見出し:インスタグラムの特徴
写真や動画などのビジュアル要素が中心となったSNSであるインスタグラムは、アプリマーケティングでも役立つツールです。
見た目の美しさが売りのサービスを宣伝したいときには、インスタグラムでのアピールが有効となるでしょう。ハッシュタグによって簡単に情報を紐づけられるため、上手くすれば口コミから大きく広がっていく可能性があります。
女性ユーザーが多いSNSなので、美容やおしゃれなどに関連するアプリは特に注目を集めやすいでしょう。

大見出し③:SNSを活用するときの注意点

SNSはアプリマーケティングに活用できる有効なツールですが、一方で利用時にはいくつかの注意点があります。使い方を間違えるとマイナス効果となる可能性もあるので、以下のようなリスクを考えての運用が必要となるでしょう。

中見出し:継続的な運用が必要で手間がかかる
SNSによってマーケティング効果を引き出すには、基本的に継続した運用が必要となります。
手間や時間がかかるため、事前にある程度のコストを考えておかなければ、中途半端な成果のままで中断という事態も考えられるでしょう。
定期的に発信をし、ユーザーの印象に残るようなネタを探すことが、SNSの利用には欠かせません。
高品質でなければ、膨大なユーザー数を持つSNSの中で簡単に埋もれてしまうので、アプリマーケティングに活用するのであれば、きちんとした分析を進めて計画を立てる必要があるでしょう。

中見出し:炎上しないように細心の注意をする必要がある
SNSでは些細な発言や対応が原因となって、アカウントが炎上することがあります。
炎上は企業に対してのバッシングなどにつながり、回復ができないほど信用を失う結果になる可能性もあるのです。
SNSでの炎上を防ぐためにも、運用する社員間でガイドラインを共有し、明確なルールの下でマーケティングが行えるように準備しましょう。また、万が一炎上したときのことを考えて、対応方法をあらかじめ決定しておくこともポイントです。

まとめ

アプリマーケティングを行う際は、SNSの良い部分を活用して、より高い効果を得られるように動いていくことがおすすめです。今回ご紹介したSNSの利用によって期待できる効果をチェックし、実際に自社アプリの宣伝に応用できないかシミュレートしてみましょう。
各SNSの特徴と、自社アプリのポイントを上手くマッチさせられれば、理想的なマーケティング活動につなげることもできます。今後はSNSというフィールドを有効活用することを考えながら、アプリマーケティング計画を立案してみましょう