プレスリリースとは?アプリ配信における効果や書き方から書くタイミングまで解説

プレスリリースとは?アプリ配信における効果や書き方から書くタイミングまで解説

プレスリリースしたことあります?

自社アプリの知名度を高めるためには、「プレスリリース」によるアピールがおすすめです。一際目立つプレスリリースは、多くのアプリが配信されている今日においても、有効なPR方法と言えます。

この記事ではプレスリリースにスポットを当て、アプリ制作者にとってどのような魅力があるのか紹介していきます。この機会にプレスリリースの基本を確認し、その効果と実際の書き方などを学んでみてはいかがでしょうか。

1.プレスリリースとは?またその効果は?

プレスリリースは、アプリの魅力を伝えるためのPR方法として広まっています。しかし「名前だけは知っているが、具体的な方法がわからない」という人が多く、プレスリリースを実行できていないアプリ制作会社も少なくありません。まずはプレスリリースの定義を知り、そこから得られる効果を確かめることから始めましょう。

そもそもプレスリリースとは

プレスリリースとは、自社商品・サービスの情報をメディアに伝える際の説明資料やその配信のことです。アプリの魅力や概要を各媒体にアピールし、メディアで取り上げてもらうことが目的です。情報配信サービスや雑誌、その他あらゆるWebメディアがプレスリリースの送付対象になるため、アプリを制作する事業者はアプリを宣伝してもらいたいメディアをいくつかピックアップしておくといいでしょう。

アプリでプレスリリースをうつ意味とは?

制作したアプリをストアで配信するだけでは、その他のアプリに埋もれてしまい、認知されないまま旬が過ぎてしまうおそれがあります。だからこそプレスリリースによってメディア経由で宣伝し、ユーザーの目に触れる機会を増やす必要があるのです。

事業規模が小さくても、プレスリリースを行うことができます。自社のアプリがメディア担当者の興味を惹くことができれば、無名のアプリであっても宣伝してもらえる可能性はあります。「創業間もなく実績がないから」「もう少し有名になってから」などと尻込みせず、積極的にアプリのプレスリリースを行っていきましょう。

プレスリリースの費用や効果について

プレスリリースは無料または低コストで配信できることが多いので、宣伝費用を抑えられます。アプリの開発費用が高く、宣伝費に回す資金が少ない場合などは、プレスリリースによる広告効果を狙うことをおすすめします。

プレスリリースをきっかけに独自取材につながるパターンも多く、メディアに自社アプリの特集を組んでもらえることもあります。開発者インタビューなどの特集ページを組んでもらえれば、アプリの注目度は飛躍的に高まり、ユーザーの増加につながるでしょう。こちらから掲載を依頼する場合(広告費がかかる)とは違い、コンテンツとしてメディア側から取材の依頼があった場合は、費用はかからないケースがほとんどです。

2.プレスリリースの書き方とは?

プレスリリースを行うためには、自社アプリをPRするための文章を作成し、各メディアにメールや郵送などで届ける必要があります。しかしメディアには毎日多くのプレスリリースが届くため、書き方が間違っていたり、読みにくかったりすると、それだけで読まれなくなってしまいます。メディア掲載につなげるために、以下の構成を参考にして基本的な書き方をマスターしておきましょう。

タイトル

アプリの名称はもちろん、特徴や機能を予想できるサブタイトルを加えることも重要です。アプリの情報を簡潔にまとめて、タイトルだけで興味を持ってもらえるようにするのが理想的です。

リード文

アプリの魅力やリリースの目的などを記載するリード文は、メディアに掲載されるかどうかを分ける重要な要素です。リード文がそのままメディアに掲載されることもあるので、読者を意識したキャッチーでわかりやすい内容を心がけましょう。

写真

アプリが稼働している写真を載せて、実物を視覚的にイメージできるように配慮しましょう。メディア担当者の目に留まるような印象的な写真を載せると、メディア掲載の可能性が高まります。

本文

リード文では書ききれなかった内容を記載し、アプリの詳細をPRする部分です。データなどを加えて信頼性を高めたり、今後のロードマップを示して将来性をアピールしたりするなど、さまざまな内容や書き方が考えられます。

問い合わせ先

メディアから返信や問い合わせをもらうために、問い合わせ先を記載することを忘れてはいけません。会社名や担当者の氏名、電話番号、FAX番号、メールアドレス、会社のホームページやアプリのURLなどを載せて、メディア側が簡単に調べたり連絡したりできるようにしておきましょう。

どの項目も、基本的に「重要なポイントを優先して書く」「わかりやすいように簡潔に書く」ことを意識しましょう。自社アプリの特徴やメリットを短時間で理解してもらえるようにプレスリリースを整えることが、メディア掲載への第一歩になります。

3.プレスリリースを書くおすすめのタイミングは?

プレスリリースを実施することに決めたら、配信時期を考えましょう。以下のタイミングはプレスリリースの絶好の機会なので、事前に計画してスケジュールを調整してみてはいかがでしょうか。

新作アプリ・新サービスの発表時

新作アプリのリリースや、新サービスの発表を行うタイミングは、プレスリリースの効果が高まるチャンスです。発表からリリースまでの間に知名度や期待度を上げることができていれば、リリース後にランキング上位に食い込む可能性も高まり、継続的な人気を獲得できるかもしれません。ユーザーの認知や期待を高めるためにも、新しいアクションを起こす時は必ずプレスリリースを行うべきです。

「新しい」という付加価値は、時間の経過とともに薄れていきます。すると訴求力が弱まり、メディアに取り上げてもらえる可能性が低くなってしまいます。プレスリリースを新アプリの発表に合わせるためには、早目に対応しなければならないので、先を見てプレスリリースの準備を進めておきましょう。

他社との連携が決まった時

自社アプリが他社のサービスと連携することになった時も、プレスリリースの効果が高まるタイミングです。提携の内容や、それによってユーザーにどんなメリットがもたらされるかを発表できれば、多くのユーザーの関心を得ることができるでしょう。提携先の認知度が高ければ、そのネームバリューを理由にメディアに掲載してもらえるかもしれません。

自社単体ではプレスリリースを実施していなかった場合でも、他社と連携する際にはチャレンジすることをおすすめします。ただし、他社と提携する事業についてプレスリリースを行う際は、提携先企業に許可を取る必要があります。プレスリリースの配信時期や内容を伝え、問題がないことを事前に確認するようにしましょう。

4.まとめ

プレスリリースを行うことによって、アプリの認知度は飛躍的に高まる可能性があります。
有料広告以外の宣伝方法を模索しているなら、プレスリリースは有力候補です。プレスリリースはどんなアプリでも利用できるPR方法なので、取り組んでみることをおすすめします。
この機会に基本的な書き方やタイミングを把握して、実際にプレスリリースを行う準備を始めてみてはいかがでしょうか。

 

また、全てのユーザーはAppStore/GooglePlayを経由してあなたのアプリをインストールします。あなたのアプリのストア対策は万全ですか? ASO無料診断はこちらから